Ubuntu 20.04で外部モニターのちらつき問題

金曜日, 8月 06, 2021

UNIX

t f B! P L

ubuntu 20.04でモニターにちらつきが発生

症状

  • 外部モニターにちらつきが発生した
  • 外部モニターの解像度を1920x1080で運用していたが、同サイズのオプションは、1920x1080iという謎の選択肢しか選べないようになっている
  • 外部モニターのリフレッシュレートが60.00Hzだったが、30Hz以下のオプションしか選択できないようになっている
  • 解像度を1280x720にすると外部モニターのちらつきは収まったが、今度はノートPCのモニター(1920x1080)にちらつきが発生した
  • apt upgradeの後に発生したが、それまでは正常に動作していた←だいたいこいつのせい

解決策

  1. 再起動
  2. grubの画面で「Advanced options for Ubuntu」を選択する
  3. 複数のバージョンのカーネルが存在するはずなので、バージョンのひとつ古いカーネルでUbuntuを起動する
  4. 正常に動作する(外部モニターで1920x1080@60Hzが選択できるようになっている)

雑記

ディスプレイの問題なので、グラフィックドライバに原因を求めがちだが、私にそんな知識はないので解決できず。

ポイントなのはapt upgradeの後に発生したということ。
このコマンドはソフトウェアをアップデートするものだが、たまに「linux-image-」というプレフィックスのつくカーネルに関係するソフトウェアもアップデートされる。

これに起因するトラブルの場合、前節の解決策のやり方のように、バージョンのひとつ古いカーネルで起動すると解決することが多い。

ただのソフトウェアトラブルならいくらでも付き合うけど、CPU・ファン関連の熱問題と、ディスプレイ系のトラブルはハードウェアが傷みそうなのでまじでいや(T_T)

QooQ